出会いのある店

出会い喫茶「モモカフェ」新宿店に行ってきた

ええと、今回の記事、なかなかアンダーグラウンドな場所である。新宿にある出会い喫茶「モモカフェ」に行ってきたので体験レポート。

いやモモカフェさんから取材依頼をいただいたのだが、なぜ当ブログに連絡をくれたのか、正直この依頼を受けてもいいものか、などいろいろと迷った。まあ日本の実情として、こういうものもあるんだぞということを調査するためにも行ってみようということになった。

出会い喫茶という店が店だけに、読者さんにおかれましては今回の記事、いろいろと察していただきたい。まあ週刊SPAの記事でも読んでるつもりでおられるようお願いしたい。


大丈夫なんすかね今回の記事。


「出会い」という意味では合ってるかと…

出会い喫茶とはなにか

「出会い喫茶」「出会いカフェ」などという看板を繁華街で見かけたことがあるだろう。見るからにいかがわしい見た目の看板であるが、あの中では何が行われているのか…。今回オレも初めて出会い喫茶に潜入したわけだが、実際に中に入ってみるとやっぱりいかがわしいというか、想像してたより余計にいかがわしい雰囲気であった。

さて、出会い喫茶や出会いカフェでは何ができるのか。ごく簡単に説明しよう。

男がやれること

  • 店内にいる女の子を選んで呼び出す
  • 選んだ女の子とトークルームで話す(交渉する)
  • 女の子と条件が合えばお茶、食事、飲み、デート、その他、などができる
  • 女の子に心付けを渡す

女がやれること

  • お店で待機しながら男性に選ばれるのを待つ
  • 男性とトークルームで話す(交渉する)
  • 男性と条件が合えばお茶、食事、飲み、デート、その他、などを行う
  • 男性から心付けをいただく

はい。というわけで、男性が女性に金を払ってデート等々を行うという、今でいうところのパパ活のようなものである。出会い喫茶は10数年前からあり、実店舗を構えていることや、男女ともに完全会員制(要身分証)であることから、比較的安全に出会える場所である。

以下は公式サイトへのリンクだが、ややアダルティーな要素もあるのでそこらへんをご了承の上どうぞ。

出会い喫茶「モモカフェ」新宿店のアクセス

モモカフェは歌舞伎町の入り口らへんにある。新宿に行く人ならすぐ分かると思う。

新宿東口に出る
新宿東口に出る
果物屋さん(百果園)のところをまっすぐ進む
果物屋さん(百果園)のところをまっすぐ進む
横断歩道を渡って、ドンキの横の道に入る
横断歩道を渡って、ドンキの横の道に入る
ドンキを過ぎたところの左側に出会い喫茶モモカフェがある
ドンキを過ぎたところの左側に出会い喫茶モモカフェがある。
モモカフェの看板
モモカフェの看板

googleマップ

■住所:東京都新宿区歌舞伎町1丁目17−13 J1ビル3階
■電話:03-3200-4466
■営業時間:10:00~24:00

モモカフェの料金

まず女性は無料だ。まあお小遣いを稼ぎに行くところなんでね。

男性は料金は時間帯やプランによってさまざまなので、詳しい料金は公式サイトをご覧いただいたほうがいい。

この記事では例としてモモカフェの一番人気プラン「1DAYパック」の料金をご紹介。

入場料 6,000円 
時間終日利用可(出入り自由)
トーク料金
(女性を指名して話す)
無料(何人でも利用可能)
成立料
(女性と条件が合い連れ出す)
1回付

出会い喫茶モモカフェに潜入レポート ―遊び方やシステムも―

エレベーターで3Fに上がるとモモカフェの受付に出る。

これが出会い喫茶モモカフェの受付
これが出会い喫茶モモカフェの受付だ!
受付カウンター
受付カウンター


いらっしゃいませ。


ども。

スタッフさんが迎えてくれたので、聞きたいことを一通り聞いてみた。

モモカフェQ&A


女の子ってサクラじゃないの?


サクラじゃないです。女の子にいいシステムになってるんで、みんな自主的に来る完全素人の女の子です。


店側が雇ってる女の子はいないと。


マジでゼロです。


まあお小遣い目的ですもんね。


まそうですね。


女の子ってどうやってモモカフェを知るの?


うちはもう14年やってるんで認知度が高いってのもありますけど、女の子同士の紹介が多いです。お友達紹介料もあるので。


女性はどんな子が多い?


夜の仕事してる女の子もいますけど、大学生が一番多いですね。


大学生が多いのか…。男性の目的はどんなのが多いですか?


さまざまですね。早い時間はお茶だけしたいおじいちゃんとかもいますし、若い人は飲みも多いですし、あとは交渉しだいですね。


交渉しだい…。まあ一歩外に出れば自由恋愛ということで。


お店としては援助とかは禁止です。


反社会的勢力ですか?


じゃないです(笑)。世間のイメージって歌舞伎町=反社みたいな感じですけど、歌舞伎町にそういうのいませんよ。


へー、そうなんすか。

受付

一通り説明していただくようお願いした。


初めての方は「男性会員申込書」を記入していただきます。その際身分証明書のご提示もお願いしております。
あと毎回のご利用時に「トークタイム申込書」をご記入いただき、どのようなデートをご希望かご記入いただきます。

「男性会員申込書」と「トークタイム申込書」
「男性会員申込書」と「トークタイム申込書」。禁止事項などをちゃんと読んでおこう。

上記のトークタイム申込書の内容が気になる感じだったので、少し抜粋しておく。

◆今日の希望デートは?(複数チェック可)
□お茶 □食事 □お酒 □カラオケ □女性と相談 □その他(ボーリング、映画など)

◆女性とデートに行く場合、心付けを渡されますか?
はい いいえ
□3000円 □5000円 □10000円

こんな具合になっていて、記入した内容は女性とトークするときに女性に見られる。先に行っておくと、「心付けを渡されますか?」で「いいえ」を選ぼうものなら、女性とのデートはまず不可能だと考えたほうがいい。

店内の様子

店内MAPは以下の通り。

店内MAP(モモカフェ公式より)
店内MAP(モモカフェ公式より)


男性ルーム入りますか?


入ってみます。

んで、メインとなる男性ルームと女性ルームなんだけど、ここは撮影不可だった。てか現場に行ったら、撮影できるような雰囲気ではなかった。


うおっ、なんだこりゃ!


闇金ウシジマくんみたい(笑)

モモカフェ男性ルームと女性ルームの様子
10人くらいの女子たちと、それを凝視する男性30人くらい


こんなんなってるのかぁ。


ダメな大人たちだ(笑)

男性ルームと女性ルームはマジックミラーで仕切られており、
・女性から男性は見えない
・男性から女性は見える
という状況になっている。

女性ルームはマンガ喫茶のようになっていて、女子たちはそれぞれ、スマホをいじったり、化粧したり、せんべいを食っている者もいた。

一方男性たちは、そんな女子たちをミラー越しにじーっと眺めている。初めて出会い喫茶に足を踏み入れたオレたちにとっては異様な雰囲気だった。

ちなみに公式の画像だとこんな感じ。女の子は実際はこの写真より落ち着いた感じの、黒髪大学生っぽい人が多かった。

女性の年齢層はかなり若くて、ほぼ全員20代、しかも20代前半が多そうだった。 そして特筆すべきは、女性のレベルがスゲー高いということだ。

プロフィールボード

モモカフェ店内には女性の「プロフィールボード」というものがあり、今いる女の子たちのプロフィールを見ることができる。

プロフィールボード
プロフィールボード
女性のプロフィールカード
女性のプロフィールカード。

上記のプロフィールカードの「今日のプランは?」という項目下に「トークで相談」とある。基本的にモモカフェに来る女子は「トークで相談」が多いのでお察しください。

女性を呼び出す

女性を呼び出すには、プロフィールボードにある呼び出しボタンを押してスタッフを呼ぶ。

ボタンを押してスタッフさんを呼ぼう
ボタンを押してスタッフさんを呼ぼう


はいー。


えっと、女性二人でゴハン行ってくれるような子いないっすか?


さっきちょうど二人組の女の子成立しちゃって、今お一人様の女性しかいないんですよね。一人ずつ呼んで、トークルームで交渉してみますか?


じゃあそれでおねがいします!


恐らくなんですけど、別々の女性を二名にして連れ出すのは難しいと思います。


そんなことする男珍しいだろうしね。

出会い喫茶は基本的に男女ともに一人利用が多い。女性二人組も結構いるけど、デートは一人ずつ成立することが多いようだ。

トークルームへ

トークルーム。ここで女性と交渉して、条件が一致すればデートに行ける。
1回のトークの制限時間は10分で、女性との条件が合えば「成立ボタン」を、条件が合わなければ「不成立ボタン」を押す。


女性の方お呼びしますね。


お願いします。

女性が二人来た。

交渉


・・・・・・

↑上記二人は初対面。


えっと、二人で呼ばれてちょっと困ってると思うけど。


オレら二人で遊びに来たんで、女子二人で飲める人いればと思ったんだけど、難しい?


えっと、私は髪を(アイロンで)巻きに来ただけなんで、今日は誰とも出ていくつもりないんですよ。


え?髪を巻きに来た?まあ自由かそのあたりは。


私は飲みは考えてなかったですね今日。


あー、じゃあチョメチョメのほうを。


まあ条件が合えば。


ちなみに参考で聞かせてほしいんだけど、「喫茶店に付き合って」って言ったら、お小遣いいくらほしい?


どのぐらいの時間拘束されるかにもよるんですけど、例えば1時間だったら5000円とか。


なるほどね。今日はオレら2対2で探しちゃってたんで、また機会があったらよろしくお願いいたします。

というわけでデート不成立!!!ざんねん!

ちなみに「アイロンで巻きに来た」って子は断り文句としてそう言ったのだと思われる。


やっぱ難しかったか。


そっすね。てか女子のレベル高っ(笑)

確かにアイロンの子が異常にレベル高かった。

ウーム、やっぱり難しいので、アサヒと相談して女子1人でいいから連れ出す作戦に変えようということになった。

交渉2

スタッフさんに頼んで、女子1人でいいから飲めそうな子を呼んでもらう。


こんにちは!


男二人は初めてパターン?


初めてのパターンですね。


ご飯食べた?


まだですね。


じゃあメシ食いにいくか。


ただ私このあと予定あって、1時間ぐらいしか空いてないんですよ。


予定があんのか。


飲み会?


女子会です!


女子会?オレ参加しようか?


いや女子会…


女子会で飲むから、それまでお酒ってのも厳しいか。


まあそのぐらいの時間までとかでもよければ。


じゃあ一杯いくか。何系のお店がいい?居酒屋とかバーとか。


普通の居酒屋ですかね。


いくらで出るとかある?


お食事だったら5000円とか。


OK。じゃあ行こう。

よっしゃ交渉成立!!!

1分半で交渉成立となった。

ちなみに女子が「このあと予定がある」というのは、拘束時間をコントロールするための常套句だと思われる。

モモカフェから外に連れ出してデート

まず外出にあたり、ご利用のお願いを一読する
まず外出にあたり、ご利用のお願いを一読する

女性とは別々にモモカフェを出て、エレベーターを降りビルの1Fで女性と待ち合わせをする。


ども。


じゃあ行くか。


時間に限りがあるから、もうこの辺の居酒屋入っちゃおうよ。

つうわけで、モモカフェのほぼ向かいにあるバリバリ鶏に入る。

モモカフェのはす向かいにあるバリバリ鶏


なに飲む?


レッドアイにしようかな。すごくトマトジュース飲みたくなるときがあって。


お小遣いトマトジュースであげようか。


トマトジュース5000円分?ふふふ。

とりあえず出た言葉が「お小遣いトマトジュースであげようか」である。まったく面白くない。


出会い喫茶で変なやついる?


「30分2万払うから写真撮らせてくれ」とか(笑)


怖えーな(笑)


あとは「スナックでカラオケ歌うために、カラオケで練習したいから付き合ってほしい」とか。


スナックが本番かよ(笑)。でもそうか、レンタル彼女みたいな使い方もできるってわけか。


あと女の人で、住んでんのかよってぐらい長居してくつろいでるおばさんもいました。


あのマジックミラーさ、本当に女の子側からは見えないの?


基本見えないですね。「そのへんにいるな…」ぐらいは分かるときありますけど。張り付いてる人とか。


張り付いてる人(笑)


てか女の子のレベル高くないあそこ?


新宿は特にレベル高いんですよ。出会いカフェの中でもモモカフェはレベル高いみたいです。

出会い喫茶のシステムだと、可愛い子や美人の子のほうから男性に選ばれて行くので、人が集まる新宿だと特に美人が集まるらしい。


アプリとかでパパ活やらないの?


アプリだと待ち合わせに来なかったりするんですよね。だからアプリのが怖いです。


あーなるほど。なんか考え方しっかりしてるなあ。


結構スポーツとかもやってたので。


スポーツ。なにやってたの?


ゴルフです。


ゴルフ。スコアとかどれくらい…?


ベスト73


うますぎだろっ!(笑)(プロの平均スコア70ぐらい?)

とまあ50分ほど楽しく話をして、お小遣い5000円を渡してお別れした。

出会い喫茶モモカフェの感想

まず、普通に飲みに行けて楽しかった。そしてモモカフェ新宿店の女子レベルの高さ、これはいまだにオレとアサヒの語り草となっているほどだ。

まあちょっとね、まじめな出会いを期待する人が行くべき場所かと聞かれれば、そうではない気はする。どちらかというと男性の息抜きに、そして女性のお小遣い稼ぎにというのがメインだろう。でも飲みやお茶を希望する女性も一定数はいるので、本気の出会いを求めてチャレンジするのもアリっちゃあアリだ。

んで個人的な感想として、この出会い喫茶モモカフェ、すんごい面白かった。アサヒ氏も同意見である。なんといってもあのマジックミラー部屋の雰囲気、これが傑作なのだ。

これよ

誰にでも勧めていい店ではないのかもしれない。でも一度行ってみる価値はあるし、行ってみたらハマる可能性は高い。

興味がある方はどうぞ。

公式サイトは心して開くように。

それではまた m(. .)m

真剣出会いブログのTwitterをフォロー

フォローしてくれたら嬉しいです。

おすすめランキング記事

おすすめの恋活マッチングアプリをランキングにしました!

-出会いのある店

© 2020 真剣出会いブログ