婚活パーティーのサイト選びに失敗しないために読む記事

更新日:

婚活パーティーサイトはたくさんあるので、初心者はどのサイトを選んだらよいか迷ってしまうかもしれない。

実は先日、オレも婚活パーティーのサイト選びに失敗してしまい、余計な金を払うことになってしまったのだ。この記事ではその失敗の経緯と、婚活サイトはとりあえず大手サイト使うと無難、または各サイトをよく見極めてほしい、という話をしたい。

 

婚活パーティーのサイト選びに失敗した話

先日婚活パーティーに参加したときのことだった(参照:婚活パーティーに行ってきた[渋谷bloomにて])。場所は渋谷のbloomという結婚式場で、料金は男性6000円。

そのパーティーでは女性の割合が少なめだったので、オレはそばにいた男性参加者と少し話をしてみた。

 

kei-face2
いやー、今日は女性少なめっすね~。

aisekisakaba-niisan
そうですねー。僕も10回以上婚活パーティー行ってますけど、これはかなり女性少ないほうですね。

kei-face2
やっぱりそうっすか。

aisekisakaba-niisan
今日は料金が安いから、男性がいっぱい来すぎちゃったのかもしれませんね。

kei-face2
へー、6000円て安いほうなんすか?

aisekisakaba-niisan
え?今日は3500円ですよね。

kei-face_sweat
え?6000円でしたよ?

aisekisakaba-niisan
いやいや、僕3500円ですよ。

kei-face7
えー!そうなん!?

aisekisakaba-niisan
どこのサイト経由でした?

kei-face_sweat
なんつったっけな。ああ「イベントセレクション」だ。

aisekisakaba-niisan
あー!主宰の婚活サイトじゃないんですか!ダメですよ~、婚活パーティーは場所と日時でGoogle検索して、値段の安いところを選ばないと!

kei-face7
どういうこと!?

aisekisakaba-niisan
婚活パーティーによっては、同じイベントをいろんなサイトで募集するんです。

kei-face7
なにっ!知らんかった!

aisekisakaba-niisan
それで、今回のパーティーはミッドブルーっていうイベント会社が主宰なんです。今回の場合は、ミッドブルー、もしくは正規提携先のマイナビ婚活から申し込めば正規の最安値でパーティーに参加できるわけです。しかしそれ以外の、宣伝目的だけのイベントサイトから申し込んじゃうと余計な料金がかかるってわけです。

kei-face8
くちおしやぁ。

 

結局、パーティーの内容は全く同じで、申し込んだサイトにより料金が違うのだそうだ。オレは2500円も損してしまった。

 

婚活パーティーサイトの料金を比べてみる

これからお見せするのは、実際に今日から1週間後(2016年1月30日)に開かれる婚活パーティーの値段を比べたものだ。

「プレバレンタインパーティー」という婚活パーティーで、場所は恵比寿の「TICKETS(チケッツ)」という店だ。※このパーティーは終了しました。

検索にヒットした中から、以下6サイトを比べてみた。

  • マイナビ婚活
  • イベンツ
  • イベントセレクション
  • イベントサーチ
  • イベントクラウド
  • こくちーず

そして料金は以下の通りだった。

 

マイナビ婚活 男性3500円 女性1500円
その他ぜんぶ 男性6000円 女性3000円

 

念のためスクリーンショットを撮っておいたので、もし見たい方は画像をクリックして拡大してください。
※画像がでかいので、スマホだと見づらいかもしれません。

marriage-hunting-party-which-site-to-use1

マイナビ婚活

marriage-hunting-party-which-site-to-use2

イベンツ

marriage-hunting-party-which-site-to-use3

イベントセレクション

marriage-hunting-party-which-site-to-use4

イベントサーチ

marriage-hunting-party-which-site-to-use5

イベントクラウド

marriage-hunting-party-which-site-to-use6

こくちーず

全く同じパーティーでも、差額が出てしまうことがお分かりいただけたと思う。

先ほども話に出たが、婚活パーティーは主催会社のイベントに参加することが鉄則となる。

なんでこんなことになっているのか、以降解説していきたい。

 

イベント投稿サイトは避けよう

先ほど紹介したサイトをよく見てみると、イベントセレクション、イベントサーチ、イベントクラウド、こくちーず、については "イベント投稿サイト" であることが分かる。イベント投稿サイトというのは誰でも自由にイベントの投稿・告知が可能なサイトで、言ってみればただの掲示板サイトだ。

イベント投稿サイトでは婚活パーティー以外にもクラブイベント、セミナー、フェスの告知などが投稿されるが、イベント投稿サイト自体が主催者なわけではなく、真の主催者がイベント投稿サイトを通して宣伝をしているだけなのだ。

そのため、主催者のサイトで予約するより高くなってしまうことがある(後述するが「割引が適用されない」と言った方が正確かもしれない)。

 

婚活パーティー主宰会社に問い合わせてみた

どういう仕組みになっているのか気になり、ある婚活パーティー主宰会社に問い合わせてみることにした。以下電話でのやり取りを抜粋。

 

kei-face2
先日婚活パーティーに参加したんですけど、イベントサイトから申し込んだら6000円で、主宰会社さんからだと3500円でした。主宰会社さん使えばよかったです。なぜ同じ婚活パーティーに窓口が複数あるのでしょうか。

stuff_female1
婚活パーティーの主宰は私共が行っておりますが、外部に宣伝も委託しているため、そういったサイトでもパーティーの告知をさせていただいております。

kei-face2
なるほど、外部に宣伝も委託しているということで承知しました。
料金の差はなぜ発生するのでしょうか。外部委託ということで中間マージンが発生するということでしょうか。

stuff_female1
いえ、そういうことではありません。お客様のケースですと、6000円が通常の料金となります。私共のサイトから申し込みいただいた場合に、割引が適用されるということです。

kei-face2
なるほど、6000円が正規料金だけど、主宰会社さんだと特別に割引してくれるってことなんですね。

stuff_female1
はい。

 

ということらしい。てか事情を結構教えてくれるんだな笑
※実は内容が内容だっただけに、お姉さんが常に半ギレ状態だったのはここだけの話だ。ごめんよお姉さん。

上記の集客方法をどう思うかは読者さん次第だが、オレは特に問題ないと思っている。

 

おすすめできる婚活パーティーサイトとは

婚活パーティー初心者が変なサイトを使わないように、また金額的に損をしないようにパーティーの主宰元サイトををおススメする。

実は日本における婚活パーティーの主催会社というのは、数社に絞られてくるのだ。最大手のエクシオをはじめ、シャン・クレール、ホワイトキー、PARTY PARTYあたりが婚活パーティーのほとんどを占めている。逆にほかのサイトから申し込んでしまうと、ただの宣伝サイトだったりするわけだ。※例えば結婚ビジネス最大手のゼクシィの婚活パーティーでさえ、中身はシャン・クレールのパーティーだったりする。

なので、ひとまず一番間違いないサイトとして、エクシオ、シャン・クレール、PARTY☆PARTYへのリンクを下記に貼っておくので、婚活パーティーを探す際には利用していただきたい。

エクシオ

婚活パーティー「シャン・クレール」

PARTY☆PARTYで結婚しよう!

男性にひとつ言っておきたいのが、あまり安い婚活パーティーを選ぶと男女比が悪くなってしまうかもしれないということ(男性多すぎ)。なので、そこはお財布とパーティーのクオリティを考えてプランを選んでほしい。オレが利用したミッドブルーのイベントはかなりやばかったからね…。

また、オレもこれからいろんなサイトを使ってみるので、パーティーの様子などをブログで紹介していければと思っている。

m(. .)m

おすすめ記事一本勝負

2017年に流行るおすすめの恋活アプリをランキングにしました!

-合コン

Copyright© 真剣出会いブログ , 2017 AllRights Reserved.