駄菓子バーに行ってきた【ペアーズ】

更新日:

ペアーズで出会った人と駄菓子バー川崎店に行ってきた。

昭和に生きる男、ケイの昭和なトークをどうぞ。

 

駄菓子バー行こう

ペアーズでマッチングしたラメックさん(27)。いつも通りの流れで「ご飯でも行きましょう!」的な会話になった。場所は川崎に決定。

以下はすでにラインでのやり取り。

 

何か食べたいものとか、いや、逆に嫌いなものはある?

なんでもいいですよ!

 

なんでもいい…だと?いいだろう。じゃあこの二択でどうだっ!

 

じゃあ、缶詰バーと駄菓子バーどっちがいい??

駄菓子バー行ってみたいです!

 

つうことで「駄菓子バー川崎店」に行くことになった。ちなみに缶詰バーを選ばれた場合は「mr.kanso(ミスターカンソ)川崎店」に行くつもりだった。

 

駄菓子バー川崎店への道のり

JR川崎駅の改札前にある時計台の近くでラメックさんと待ち合わせた。

 

kei-face2
どもー。

girl_face
あ、はじめましてー。

 

うむ。至って普通の女性だ。

 

さて、駄菓子バーへの道のりは簡単。「仲見世通り」という川崎一ギラついた通りをひたすら真っ直ぐ行くだけだ。それを5分くらい歩くと駄菓子バーが見えてくる。

pairs-dagashi-bar1

そして3階に上がると駄菓子バーの入り口がある。

pairs-dagashi-bar2

 

girl_face
うわー、すごいレトロな感じなんですね!

kei-face2
そうだね~、昭和風だよね。じゃあ入ろう!

 

駄菓子バーに入店

駄菓子バー店内は朽ちた昭和の街角といった感じ。駄菓子バー川崎店はバーというより居酒屋風だ。

pairs-dagashi-bar6

システムはシンプルで、500円のテーブルチャージを支払って駄菓子食べ放題となる。お通し代500円で駄菓子食べ放題になる、と考えればいい。あとはドリンク代と、駄菓子以外の料理を注文した分の料金だけだ。

ちなみにオレらは飲み放題(2時間2500円、駄菓子込み)にした。

pairs-dagashi-bar10

 

kei-face2
よっしゃ、駄菓子取りにいこうぜ~。

girl_face
すごいいっぱいありますね!なつかし~

pairs-dagashi-bar4

pairs-dagashi-bar5

 

kei-face2
やっぱりこの三部作は外せねーな!

pairs-dagashi-bar8

 

girl_face
それおいしいですよね!

kei-face2
昔はもっと色んな種類があったんだけどね、いつのまにかこの3つに絞られた。元祖の「ラメック」ってのがあって、それをもんじゃ焼きに入れるのが粋な少年の作法だったのさ!
お、ビールきた。飲もう!

kei-face2girl_face
おつかれさまで~す!

pairs-dagashi-bar7

 

色んな駄菓子を食べてみよう

モロッコヨーグル

kei-face2
これよこれ、ヨーグル。

pairs-dagashi-bar23

girl_face
あー!知ってますそれ!

kei-face2
子供のころ、このヨーグルを大量摂取するのが夢だったぜ。いただきます。

 

モロッコヨーグルを一口食べるオレ。

 

kei-face_4
今食うとそんなうまくないな。なんこれ油食ってるみてーだ。

girl_face

 

ラッキーくじ

kei-face2
お、なんだこれ。見たことない駄菓子だな。よっしゃ、色んな種類を食べてみよーっと。

pairs-dagashi-bar13

girl_face
ネコのやつかわいい!

kei-face2
開けてみるか。お、なんか小さい玉がいっぱい入ってら。

pairs-dagashi-bar15

kei-face_sweat
甘っ!ビール飲んでんのにこれはキツイ。うへぇ。

girl_face
たくさん取ってきちゃいましたね…笑

kei-face_sweat
てか、このカエルとか中身が何なのか全くヒントがねぇし。初見殺しだ。

girl_face
こっちのやつはスクラッチくじ付いてます!

pairs-dagashi-bar16

kei-face2
よし!削ってみよう!

pairs-dagashi-bar17-1

girl_face
はずれちゃいましたね~。

kei-face2
うーむ残念。しかしこの駄菓子のくじの換金システムさ、今になって考えると法的に大丈夫なのか心配になるぜ。

 

【追記】同僚が上記の文を読み「駄菓子屋は現ナマじゃねぇだろ、現物支給だ」とツッコミを入れてくれました。そうでした、当たり分のお菓子がもらえるんでしたね。

 

よっちゃんいか

pairs-dagashi-bar25

kei-face2
よっちゃんいかは酒に合うからいいね。

girl_face
いいですねー。イカ臭いですよね。

kei-face_sweat
え、今なんて?

girl_face
イカ臭い!

kei-face_sweat
よし、ちょっと匂いを嗅いでみて!

 

よっちゃんいかの袋を開け、ラメックさんに匂いを嗅がせるオレ…。

 

kei-face2
どう?

girl_face
イカ臭い!

 

pairs-dagashi-bar27

 

kei-face2
まあ、あんまり大きい声では言わないようにね。

girl_face
はーい。

kei-face7
てか、よっちゃんいか当たってるし!

pairs-dagashi-bar26

girl_face
ほんとだ!すごーい!

kei-face_sweat
まあ、この店で当たっても意味ないんだけどな。食べ放題なんで。

 

駄菓子バーで昭和トーク

駄菓子バーは昭和の雰囲気満載だ。会話も少し昭和になってくる。

pairs-dagashi-bar11

 

昭和と平成

kei-face2
ラメックさんて今27歳だっけ。昭和60…何年生まれだろ。

girl_face
平成ですよ!

kei-face7
マジかよ!

 

おいマジか!今の27歳でちょうど平成元年生まれなんだとよ!衝撃。

 

girl_face
ケイさんは昭和…何年だろう。

kei-face2
当ててみな。

girl_face
昭和70…

kei-face7
ねぇよ昭和70年代!西暦とごっちゃになってんだろそれ!

 

伝言板

kei-face2
携帯がない時代は、待ち合わせするのも一苦労だったからねぇ。

girl_face
どうやって待ち合わせしてたんですか?

kei-face2
そらもう「駅の改札前に10時」みたいな感じで、時間と場所をきっちり決めて待ち合わせをする。どっちか1人が遅れたり場所間違えたりしたら、もう会えないよ。

girl_face
えぇぇ!超不便じゃないですか。

kei-face2
そうだよ~、だから時間に遅れるとかはホントNGだったよ。会えなかったときの救済措置として、駅に「伝言板」ていう黒板が置いてあってさ、そこに相方へのメッセージを書けるようになってたんだぜ。

pairs-dagashi-bar28

girl_face
なんすかそれ笑。じゃあ「お醤油買ってきて」とか書いとけば買ってきてくれるのかな。

kei-face_sweat
それはなんか使い方が違うような…。

 

きこりの与作

kei-face2
まあオレなんかはファミコン世代なわけだよ。

girl_face
うちもスーパーファミコンありましたよ!

kei-face2
スーファミは面白いよねぇ!でもやっぱりファミコンの理不尽さを味わった方がいいんだよ。あと、ファミコンが家庭用ゲーム機の始まりだと思ってる人が多いけど、その前にもいろいろあったんだぜ。

girl_face
へぇ、そうなんですか~。

kei-face2
そうさ。「カセットビジョン」っていうゲーム機があって、「きこりの与作」っていう名作があったのさ!よし、YouTubeで見てみよう!

 

以下、YouTubeよりカセットビジョンの名作「きこりの与作」。再生すると音がでます。

 

girl_face-pale
なんすかこれ。

kei-face8
こんなんだったっけな。

 

こうして2時間、なつかしい雰囲気とともにお酒を楽しんだ。

 

駄菓子バーまとめ

pairs-dagashi-bar12

駄菓子バーは川崎店のほかに、都内に渋谷、恵比寿、池袋、人形町と店舗がある。

アクセスなど詳しくは公式ページをご覧いただきたい⇒駄菓子バーweb

料金

テーブルチャージ500円で駄菓子食べ放題。そのほかフードやドリンクは通常の居酒屋料金といったところだ。飲み放題は2500円/2時間。

※ドリンクは店舗によって料金が異なる模様。

フード&ドリンク

今回は駄菓子を食べていたらそれだけでおなか一杯になってしまい、通常のフードメニューを頼むことはできなかった。しかし駄菓子バーにはサラダやピザなど通常の居酒屋メニューから、あげパンやソフトめんといった学校メニューまであるので、それを頼むのも面白いだろう。※駄菓子バーは元々はカレー専門店だったらしく、現在も本格的なカレーを食べられるとのことだ。

pairs-dagashi-bar29

個人的にいいなと思ったのが、ここの飲み放題メニュー。サワーの種類が多かったり、バーボンのI.W.ハーパーが飲み放題に入っていたりと結構良心的な飲み放題と言える(ウイスキーとバーボンを分けて記載するこだわりもいい!)。電気ブランもあるので試しに飲んでみては。

電気ブラン

電気ブラン

おわりに

駄菓子を食べながら酒を飲むというのは実に楽しく、デートで行くと盛り上がること間違いなしだ。駄菓子というのは誰もが通る道なんで、話題に困ることもない。

女の子同士でも行きやすいらしく、オレが行った時も女性客が多く見られた。そしてみんな楽しそうだった。

たまにはこんな店で飾らないデートはいかがだろう。

ペアーズ公式サイトはこちら⇒pairsブラウザ版

iPhoneアプリ版はこちら⇒pairsアプリ版ダウンロード(App Store)

m(. .)m

おすすめランキング記事2本

2017年に流行るおすすめの恋活アプリ、出会い系アプリをランキングにしました!


-ペアーズ

Copyright© 真剣出会いブログ , 2017 AllRights Reserved.