横浜の居酒屋「詩朶音(うたたね)」で合コン

更新日:

横浜にある居酒屋「詩朶音(うたたね)」で合コンをしました。タケシ頼みの回。写真撮るのを忘れてしまいましたがご勘弁を。

 

[目次] 読みたいところに飛ぶ

うーむ、この居酒屋は

ぴょんきちの同僚のチェリー(♂)からラインが入る。

 

30歳前後の方で女性が5人集まりまして、合コンしませんか???

やろーぜ(゜ロ゜)

 

チェリーは25歳なんで、30歳前後を集めてくるとは以外だな。てかすでに5人集まっているというのが謎だ。

オレは男性メンバー集め担当になった。いつものメンバーに声をかけたら、みんな来てくれると言うので人集めはスムーズだった。男は多めでもいいと言われていたので7人、男7対女5で決定!

場所は横浜にある「詩朶音(うたたね)」に決定!「完全個室居酒屋」とのことだ。

 

―当日―

オレはぴょんきち、チェリーと一緒に店に行った。

 

チェリー「ここっすね。」

ケイ「えっと、エレベーターで5階か。」

 

5階に上がり、店員さんに部屋を案内してもらう。ここで先に店に着いていたタケシと合流。

なんかカラオケ屋みたいな店だな。

 

ぴょんきち「あれ、ここ前来たとこじゃないっすか?」

ケイ「え?こないだカラオケで来たとこか?居酒屋としても営業してるってことか。」

チェリー「基本居酒屋みたいす。カラオケ付きの。」

 

間違いない。先日の合コンで2次会のカラオケに使ったこの店だ。しかも部屋まで同じ↓

shuntei3

カラオケ屋を改装して居酒屋にしたんだな。ってかほぼカラオケ屋なんだが(・∀・;)完全個室居酒屋・・・(・∀・;)

 

まあいい。

 

女性は5人そろって登場~

 

むむ(-o-)

最近の30代はクオリティ高す(-o-)/

 

タケシ

まだ緊張感が漂う中、女性たちは着席した。とりあえず「どうもはじめまして」的な会話で、男女お互いの様子を探る。

う~ん(・_・;)どうしても最初は男女の距離感があるよなぁ。こんなときはタケシをイジってみるか!

 

ケイ「いやー、ちょっとコイツ(タケシ)牛乳瓶の底みたいなメガネかけててすいませんね!」

女性たち「(笑)」

utatane1

メガネタケシ

 

ケイ「メガネ取ったら意外とキレイな目をしてるんですよ!おいタケシ取ってみ!」

タケシ「わかりましたー!」

 

おもむろにメガネを外タケシ・・・・・・

 

そして女性たちを見つめるタケシ・・・・・・

 

女性たち「わー!ホントにキレイな目www」

 

utatane2

きれいなタケシ

よし!これでつかみはOKだ!結構和んだ。

 

遅れて魔王、ピカチュウ、ゴトーちゃんも到着!

みんなそろってカンパーイ!

 

女子A「お名前とか聞いてもいいですか?」

チェリー「じゃあ自己紹介とかします?」

 

というわけで自己紹介が始まった。

 

チェリー「チェリーといいます。」

女子B「おいくつなんですか?」

チェリー「25です!」

 

今回も質問形式で進んでいった。この質問形式ってのが実は意外と盛り上がらない。名前、年齢、職業くらいで質問が止まってしまうのだ。まあ下手なこと聞けないしねぇ。オレの自己紹介も大した質問は無く終わった。

そんな中でも珠玉のやり取りがあった。以下3人ほどピックアップしてみる。

 

ーピカチュウのターンー

ピカチュウはずるい!ハーフで海外在住10年、身長185センチの高スペックなのだ!それまでほとんど質問など出てこなかった女子たちから、怒涛の質問ラッシュとなった。

 

ピカチュウ「ピカチュウです。」

ケイ「ピカチュウはね、最近まで海外にいたんですよ~。」

女子A「えー!どこにいたの!」

ピカチュウ「アメリカです!」

女子B「ニューヨークとか?どれくらいいたの?」

ピカチュウ「ボクはアーカンソーってところで、10年いましたね。」

女子C「じゃあ英語ペラペラなんだ!」

ピカチュウ「まあそうですねー。親父がアメリカ人なんで。」

女子D「えー!英語の名前とかあるのー?」

ピカチュウ「ミドルネームがありますね。」

女子E「すごーい!ねえ「冷蔵庫」って英語で言ってみて!」

ピカチュウ「refrigerator.」

女子たち「キャー!キャー!」

ケイ 「もういい(><)ピカチュウばっかりもういい(><)」

女子たち「w」

ゴトー「強制終了しやがったw」

 

ー魔王のターンー

魔王「魔王です。」

女子A「いくつですか!」

魔王「31っすね。」

女子B「どこ住んでるんですか?」

魔王「割りとこの近くっすねー。」

女子C「へー!家賃いくらなんですか?」

 

なに!家賃を聞くとは!なかなか踏み込んだ質問だな(・∀・;)

しかし次の瞬間、衝撃の事実が。

 

魔王 「えーっと、13万すね。」

みんな「ええええええΣ(゚∇゚|||)」

 

一人暮らしで13万てどんなだよ(・∀・;)

utatane3

こんな家だろうか

ータケシのターンー

タケシ「タケシといいます。」

女子A「いくつですか!」

タケシ「28です。」

女子B「仕事はなにしてるんですか?」

タケシ「塾講師をしています。」

 

とまあ普通の自己紹介だったんだけど、女子の1人があることに気がついた。

 

女子C 「タケシってさ、綾瀬はるかに似てない?」

みんな「!?」

 

たしかに…

 

言われてみれば…

 

utatane4

これは盲点だった。まさかタケシが綾瀬はるかに似ていようとは。

 

自己紹介は無事終了した。

 

このあとはまあ普通に楽しくみんなで飲んだ。

ちょっと困ったことがあって、この部屋の席がカラオケ店のつくりなので席替えがしづらかった。

最初に座った席順だと男と女で完全に分かれていたから、男グループ対女グループという構図が出来てしまって少ししゃべりづらかったなぁ。

utatane5

途中トイレに行く女子がいたので、それをきっかけに席替えができた。そのあとようやく各々でしゃべることができた。

詩朶音(うたたね)での飲み会はなかなかの盛り上がりを見せ終了した。

 

2次会は別の店でカラオケだったんだけど、ここでなんとタケシがジュディマリの「そばかす」を裏声で歌うという事案が発生。

utatane6

1次会の自己紹介ではピカチュウに食いついていた女子たちも、最後にはタケシに夢中になるのであった。

 

m(. .)m

ハッピーメールバナー

おすすめランキング記事2本

2017年に流行るおすすめの恋活アプリ、出会い系アプリをランキングにしました!


-合コン

Copyright© 真剣出会いブログ , 2017 AllRights Reserved.