婚活で女性の「結婚相手の年収1000万以上希望」←これを男性が嫌う理由

更新日:

恋活や婚活のみならず、世間のニュースでよく話題になる女性の結婚相手の希望年収。「年収1000万円以上希望」なんてのを見ると、なに言ってんだコイツと思ってしまう。

タイトルでは分かりやすく「年収1000万以上希望」と書いたが、男性の年収600万円以上を希望するのはもう高望みと言っていいだろう。なので本記事、「年収600万円以上希望」と読み替えていただいてもかまわない。

本記事は、年収1000万以上の男性は何パーセントしかいない。その男性と結婚できる可能性は限りなく低い。といった内容ではない。そもそも女性が 「年収1000万円以上希望」と言うことが男性にどんな印象を与えるか、という内容だ。

婚活において、女性の「年収〇〇〇円以上希望」が男性からどのように見えているのかについて書いていきたい。

女性の「結婚相手の年収1000万以上希望」はどう見えているか

女性が 「年収1000万以上希望」と言ったとき、男性はその女性に対しこんな女性なんだろうなというイメージを持つ。

1000万以上希望!
・ブランド物を買って
・タワーマンションに住んで
・いい車乗って
・レストランで食事して
・専業主婦!

男性は頭の中でパッと上記のような女性を思い浮かべるのだ。そして男性は、上記のような女性をこう結論付ける。

「この女、自分が得することしか考えてなさそう

そう、「自分が得したい、楽したいだけなんじゃないのこの人?」と男性は思うのだ。本記事の結論は基本これである。

しかし当然女性にも言い分はあるだろう。


いやいや待って!例えば都内に住んだとして、家賃や駐車場も高い。そしてなにより子供。子供の教育環境を整えてきちんと進学させる。子供のことを一番に考えたら年収は多いほうがいいに決まってる。

おっしゃる通りなのだが、そんなことは男性には伝わらない。伝わらないのだ。

なぜなら、男性としては「じゃあ子供のためにあなたが稼げばいいじゃないですか。なんで俺の金使う前提なんですか。」という理屈が成り立ってしまうからだ。もう一言加えると、子供のために年収が多いほうがいいことぐらいは男性も知っている。結果として「やっぱり年収1000万て、あなたが得したいだけですよね?」となるのだ。

そしてこれ、希望の金額が上がっていくほどヤベーやつ指数が上がっていく。

  • 600万円希望←ヤベーやつ
  • 800万円希望←もっとヤベーやつ
  • 1000万円希望←まだいるんだこんな人

実際にその女性がヤベーやつかどうかではないんだけど、男性からはこう見られてしまう。女性に悪気はなくても、男性は「こんなこと言う女はヤベーやつに違げえねえ」と思ってしまうものなのだ。

女性だって、男性が「相手の希望顔面レベルは上の中以上です」とか声高に言ってたら「なに言ってんだコイツ」って思うでしょ?それと同じことだ。

実際に年収1000万ある男性はどう思うか

じゃあ、実際に1000万以上ある男性は、女性の「年収1000万円以上希望」をどう思うのか。


1000万以上希望!

stuff_male(年収1000万男性)
やったぜオレ合格~~!!!

となるだろうか。いや、ならない。年収1000万円以上ある男性でも最初の反応は以下の通り。


1000万以上希望!

stuff_male(年収1000万男性)
なに言ってんだコイツ 。

やっぱりこうなる。基本的な理屈は先述の通り「この女、自分が得することしか考えてなさそう」となる。それに加えて:

  • オレじゃなくて金が好きなんだろ
  • 贅沢しそう
  • 年収下がったときに離婚するとか言い出しそう
  • 累進課税分かってなさそう
  • で、あなたは何をしてくれるの?

という印象を年収1000万の男性は持つ。

ついでに言うと、年収1000万以上の男性は仕事もできるし女性に対しても厳しい場合がある。奥さんにお金を自由に使わせないなんてことはザラだ。旦那に「子供のためって言ってたんだからお前は使うなよ。」とか言われたらどうする。

男性に年収を求めるということは、女性に求められるものも多くなるということだ。

「男性の年収=オスとしての強さを表す」的なやつ

女性は生存競争に勝ち抜く男性、家庭を守る力のある男性を好む。かつて原始時代では、体力があり狩りの腕に長けた男性が頼られていた。現代ではそれがお金を稼ぐ力に取って代わり、家庭を守る力となっている。つまり男性の高年収は、オスとしての強さを表すのである。

上記のような話、うん、分かる。分かるんだけど、だからと言って女性が「年収は男としての強さを表す」と言い始めるのはよくない。結局年収を求めているのに、オスとしての強さだなどという話のすり替えはよくない。

マッチングアプリでもこんなことを書いている女性がいた。


1000万円以上を求めるのは、年収云々ではなく男気の有無。

え?

年収云々ではなく?

え?

じゃあ狩りの上手い男でもよくね?

などと思ってしまう。

年収1000万超えちゃってる女性

ここまでなんとな~く、『自分の年収が低いのにも関わらず、男性に高年収を求める女性』について書いてきたのがお察しいただけると思う。

しかし一方で多いのは、女性が高年収だから男性にさらに高年収を求めてしまうパターンだ。自分が稼いだもんだから余計意識高くなっちゃって「尊敬できる男性がいいです」とか言っちゃってるパターン。 まあ気持ちは分かるんです。女性は「自分よりは稼いでる人がいい」と思う人が多いから。

girl-face5(年収1000万の女性)
男性の年収1000万円以上希望です。

こうなると男性としてはぐうの音もでない。基本的にはこの方の好きにしていただくしかない。

しかしだ、本気で婚活しているなら高収入女性が男性からどう思われているのかは考えたほうがいい。

実際周りの男性から言われてるんじゃないだろうか?「事業やられてるなんてすごいですね!」「尊敬します!」「僕にはできないなあ!」←でもこれ、女性としてほめているわけじゃないからね。社会人としてすげえ、と思っているのだ。

男性は男性同士、そもそも年収で競い合っている。それが男の人生なのだ。そこで女性に年収を越えられてしまっては、しゅん、としてしまう。しょーもない生き物なのだ。 そして高収入女性に対して本能的にこう思う「この人は僕の手に負えない」と。そして恋愛・結婚の対象にそもそも入らないのだ。

『ご自身の年収が高い×男性への希望年収が高い』というダブルコンボで、もはや一体だれが興味を示すんだろうという状態だ。

もし高収入女性が本当に結婚に近づきたいなら、もしこだわり過ぎてたかな…と思えるなら、男性への希望年収を下げることも検討してほしい。また結婚相談所などでは、高年収の女性は自身の年収をわざと低く書くというテクニックも使われている。つまり見せ方の問題なのだ。

だから高収入女性のテクニックとして、男性への希望年収も、自身の年収も低く言う(または隠す)ということは大いに活用していただきたい。それだと嘘をつくことになるって?大丈夫、あとから「あなたに嫌われたくなかったから」とでも言っておけば男なんてチョロいもんよ。

女医さんの生涯未婚率が40%近いという驚愕のデータがあるのだが、 やはり高年収女性は婚活には不利なのだ。ご自身の年収が高いことも、男性に求める年収が高いことも、婚活という場においてはなんの役にも立たない。

結局「年収〇〇〇万円以上希望」なんて言わないほうがいい

「600万円希望」と言っても、「1000万円希望」と言っても、男性からは「なに言ってんだコイツ」となるので、こんなもの言わないほうがいいのである。

もちろん、女性が高収入男性を求めるのは分かる。分かるんだけど、それを口に出してしまっては逆効果となってしまう。

「じゃあどうすりゃいいのよ!」と思われる女性もいるでしょう。そこで、この希望年収というネガティブ要素を、逆手にとって攻略しようというオレからのご提案。

賢い女のモテテクニック

年収の希望はこう言おう。

「お相手の年収は300万円以上希望です」

はい。金額を下げただけ。でも他の女性が高年収を希望している中で、金額を下げるだけで「寛容な女性だ」「常識のある女性だ」「やさしそうな女性だ」という印象を与えられる。

でもベストアンサーは以下ではなかろうか。

「お相手の年収は気にしておらず、性格の合う方とお会いできればと思います」

ここまで言えたら満点だろう。年収の話をそらしてポジティブ変換。男性は思わず「この人いい人だな」と思ってしまうはず。
※ちなみに後半の文は「人柄を重視…」とか「楽しく過ごせる方と…」とかでもいいです。ポイントは年収を希望していないというところ。

いかがだろう。ここまで読んで「え?これじゃあ高年収の男性狙えないじゃん」と思ってしまった女性は要注意。

「年収1000万円希望」←そもそも男性から相手にされない
「年収は気にしません」←普通の男性も高年収の男性もこういう性格の女性を選びやすい

ということだ。自分の希望を言うのではなく、相手にどう見えているのかを考える。「年収は気にしません」と言いつつ高収入の男性狙えばいいんじゃね。

おわりに

結婚相手に高年収を希望していても、それを口に出してしまってはアホみたいに見えるので言わなくていいというお話でした。

もちろんすべての男性が本記事の考え方だというわけではないけど、例外の話をしてたらきりがないのでご了承いただきたい。

よくよく考えると、なんで相手の希望年収を言う文化があるのか、なんでお金の希望を堂々と述べているのだろうか。「こんぐらいのお金欲しいです」って堂々と言ってるって妙ちくりんではないか。

おそらく「年収1000万以上希望」というのはバブル期に流行った文言で、いまだにそれを引きずっているだけなんだろう。

そりゃあ、金はあるに越したことはない。でも一方的に相手にそれを求めていたらうまくいかない。女性も男性を支えてやってほしい。今は男の稼ぎ一本で家庭を支えるという時代ではないのだ。

だからといって、男性は低収入でもいいというわけではない。男性は男性で、オレが家庭を支えてやるという気概を持つべきだし、年収が低いのであれば年収を上げる努力(昇進する、転職する、副収入を得る)をするべきだと思う。

男性も女性も、相手に求めるばかりではなく、相手に与える気持ちが大切なんじゃないか。

それでは m(. .)m

婚活・恋活・出会い

真剣出会いブログのTwitterをフォロー

フォローしてくれたら嬉しいです。

おすすめランキング記事

おすすめの恋活マッチングアプリをランキングにしました!

-コラム

出会い体験談ブログ

Copyright© 真剣出会いブログ , 2019 All Rights Reserved.