パブリックスタンド(パブスタ)歌舞伎町2号店に男1人で行ってきた

更新日:

パブリックスタンド(パブスタ)新宿歌舞伎町2号店に行ってきた。

新宿にはすでにパブリックスタンド歌舞伎町1号店があるが、そのすぐそばに2号店ができた。それほど新宿のパブリックスタンドは人気で、こういった出会いのあるスタンディングバーの需要も高いということだろう。

今回はレセプションパーティーに呼んでいただいたので、その様子を体験レポートする。今回は実質的に一人で行動してみた。

 

パブリックスタンド(パブスタ)歌舞伎町2号店のアクセス

■住所:東京都新宿区歌舞伎町1-23-15 SUZUYAビル 10F・11F
・JR 新宿駅 東口 徒歩5分
・西武新宿線 新宿駅 徒歩2分

▼パブリックスタンド歌舞伎町2号店のGoogle Mapはここを開く

 

■クーポンは以下からどうぞ

 

 

パブスタ歌舞伎町2号店は「歌舞伎町一番街」の入り口すぐのところにあるので、分かる人はどんなルートで行っても構わない。

一応、オレが歩いたルートを写真でお伝えしておく。

 

新宿東口(歌舞伎町方面)を出たところ。アルタの左側の通路を目指そう。

新宿東口(歌舞伎町方面)を出たところ。アルタの左側の通路を目指そう。

 

新宿に来る人なら分かると思うけど、あのフルーツ屋さん(百果園)のある道ね。

新宿に来る人ならお馴染みの、あのフルーツ屋さん(百果園)のある交差点のところ。これを直進。

 

ドンキのある交差点を渡り左へ進む。ちなみにこれを右に行くとパブスタ歌舞伎町1号店がある。

ドンキのある交差点を渡り左へ進む。
※ちなみにこれを右に行くとパブスタ歌舞伎町1号店がある。パブスタ歌舞伎町1号店と2号店はかなり近いよ。

 

ここを右に曲がる。歌舞伎町一番街の入り口。

ここを右に曲がる。歌舞伎町一番街の入り口。

 

はいここ!矢印で示した部分がパブリックスタンド歌舞伎町2号店への入り口だ。

はいここ!矢印で示した部分がパブリックスタンド歌舞伎町2号店への入り口だ。

 

この日はレセプションパーティーだったので、笑顔のステキなお姉さんが案内してくれた!

この日はレセプションパーティーだったので、笑顔のステキなお姉さんが案内してくれた!

 

パブスタのスタンプを押してもらう。このスタンプがあればパブスタは店舗間で移動が可能。

パブスタのスタンプを押してもらう。このスタンプはブラックライトに反応するようになっていて、パブスタに入場するときに見せる。このスタンプがあるその日のうちは、再入場や他の店舗のパブスタにも入場可能となる。

 

 

 

それでは店内に入ってみよう。エレベーターで10Fに上がる。

 

パブリックスタンド(パブスタ)新宿歌舞伎町2号店に入る

パブスタ歌舞伎町2号店の様子をご覧いただこう。まずエレベーターで10Fに下りたつと、スタッフにスタンプを確認される。

 

ブラックライトで「Public Stand」の文字が浮かび上がる。

ブラックライトで「Public Stand」の文字が浮かび上がる。

 

もしチケット制で入場する場合は、このチケットマシンでチケットを購入する。

もしチケット制で入場する場合は、このチケットマシンでチケット(6枚つづり3240円)を購入する。

 

パブスタ歌舞伎町2号店の店内(10F)「スタンディングバー」

パブスタ歌舞伎町2号店は10Fと11Fの2フロア構成となっている。通常は10Fのスタンディングバースペースを利用することになるので店内の様子をどうぞ。

 

エレベーターを降りると目の前にバーカウンターがある。お酒の種類は豊富だ。飲み放題に含まれているドリンクと、追加のチケットが必要なドリンクがある点に留意されたし。

エレベーターを降りると目の前にバーカウンターがある。お酒の種類は豊富だ。

 

飲み放題に含まれているドリンクと、追加のチケットが必要なドリンクがある点に留意されたし。

飲み放題に含まれているドリンクと、追加のチケットが必要なドリンクがある点に留意されたし。

 

そして奥へ進むとスタンディングバースペースがある。オレがパブリックスタンドに着いたのは20時過ぎ。うーむ、こんなに混んでいるとは!

そして奥へ進むとスタンディングバースペースがある。オレがパブリックスタンドに着いたのは20時過ぎ。うーむ、こんなに混んでいるとは!

 

この日はレセプションパーティーなので関係者や会社経営者などもいたが、一般客も招待されていたため基本的には普段のパブスタと変わらない。

この日はレセプションパーティーなので関係者や会社経営者などもいたが、一般客も招待されていたため基本的には普段のパブスタと変わらない。

 

店の奥の方から撮影。

店の奥の方から撮影。

 

こうして写真で見ると男性割合が多く見えるが、現場ではそこまで男祭りという感じではなかった。男女比6:4ぐらいだったかな?

こうして写真で見ると男性割合が多く見えるが、現場ではそこまで男祭りという感じではなかった。男女比6:4ぐらいだったかな?

 

個室のVIPルームもある。VIPルームではタッチパネルでオーダーするシステム。VIPルーム料金は平日3000円(税別)、週末5000円(税別)。

個室のVIPルームもある。VIPルームではタッチパネルでオーダーするシステム。VIPルーム料金は1時間平日3000円(税別)、週末5000円(税別)。

 

パブスタ歌舞伎町2号店の店内(11F)「ROOFTOP VIP」

続いてパブスタ歌舞伎町2号店の特徴である11Fをご覧いただこう。実は11Fは「ROOFTOP VIP(ルーフトップビップ)」というテラス席になっており、VIP専用のフロアとなっている。

ROOFTOP VIPの料金は1時間平日4000円(税別)、週末6000円(税別)。

今回は特別にROOFTOP VIPの様子も2枚だけ撮影させてもらったのでどうぞ。

 

11Fに上がると、右側にバーカウンターがあり、奥にROOFTOP VIPテラスがある。

11Fに上がると、右側にバーカウンターがあり、奥にROOFTOP VIPテラスがある。

 

これがROOFTOP VIP。開放的なオープンテラスとなっている。

これがROOFTOP VIP。開放的なオープンテラスとなっている。

 

上記ROOFTOP VIPの利用方法だが、基本的にはまず男性が11FのROOFTOP VIPを使う。そんで、下記いずれかの方法で女性をROOFTOP VIPに連れてくる。

  • 10Fのスタンディングバーの女の子に自分で声をかける
  • 10Fのスタンディングバーの女の子をスタッフに連れてきてもらう

もちろん自分で10Fに行き「上のVIPにいるんだけど来ない?」とナンパするのもいいけど、せっかくだからスタッフさんに連れてきてもらうほうがVIPっぽいだろう。

パブスタのVIPルームは要するにクラブのVIPルームと同じように使えるわけだ。しかし料金的にクラブのVIPよりパブスタのVIPのほうがぜんぜん安いので、その観点から見るとかなりコスパはいい。

 

パブスタ新宿歌舞伎町2号店に一人で行ってみた

いや、ほんとは一人じゃなくて二人で行ったんだけど、今回はなぜか女子を連れて行ってみた。そんで男女分かれて一人ずつ行動しようというわけ。

※ちなみにパブスタには曜日限定で「ペア割(50%OFF)」なんてのもあるので、男女で行くのもそれはそれでアリ。

 


では、ちいちゃん。今日はパブリックスタンド歌舞伎町2号店に来てみたわけだけど、どうよ?


なんかすごいワイワイしてますね。


そうね。曲とかはクラブのノリに近いのかな?
あのさ、オレは今日いろんな人に声をかけなきゃならん。だからちいちゃん一人でがんばってね。


え!?私一人ですか?


だってオレらがしゃべっててもしょうがないでしょ。オレらがしゃべって、今回の記事は完、とかパブスタに来た意味がない。オレはパブスタにいる女性に声かけたり、お客さんにインタビューしたりしたいから、一人でがんばって。


無理無理!ここ女性一人で来るところですか!?友達とならぜんぜん来れますけど、私一人は無理ですよ!


女性一人もいるよ?まあ総じてあんまりいないけど。


誰にもナンパされなかったらどうするんですか!帰りたーい。


オレの予想では余裕でナンパされると思う。じゃあこうしよう、万が一ナンパされなかったときのために、その辺にいる兄ちゃんに協力してもらいヤラセ写真でも撮っておくか。


ええぇ…(; ̄- ̄)


これが大人の対応なのさ。ちょっと待ってて。

 

近くにいい感じの兄ちゃん3人組がいたので声をかけてみた。

 

パブスタには来たばっかりで、まだ飲み始めの段階だという三人組!

パブスタには来たばっかりで、まだ飲み始めの段階だというさわやか三人組!

 


今日は女の子としゃべった??


いやーまだです!


とりあえず飲んで、エンジン回します!


とりあえず飲まないとね!あのさ、あっちにいい女がいるんだよ。ちょっと声かけてみてくんない?お兄さん。


え?


いいからいいから、こっち来て。


はぁ。

 

ちいのところへ戻る。

 


じゃあ、二人でしゃべってくれ。


なんすかこれ。


ヤラセ写真撮影だよ。勝手に写真撮るから、二人はしゃべってて。

 

そしてできた写真がこちらです。

 

ちいをナンパする男来たる! (この写真はヤラセです)

ちいをナンパする男来たる! (この写真はヤラセです)

 

えー、このブログも長いことやっておりますが、ついにヤラセ写真に手を出してしまいました。読者の方々およびパブリックスタンド関係者の方々の信頼を裏切る形となってしまいすみません…。
※もちろんネタですよ!お兄さんもご協力ありがとうございました。

 

というわけでちいちゃんにはもう少しだけ一人でがんばってもらうことに。そしてオレも一人で声をかけていく。

 

パブスタで男一人、声をかけていく(ポジティブ編)

そんじゃあ今日は一人でがんばっていきましょう。パブスタの入り口付近にたたずんでいるお姉さん二人組がいたので声をかけてみた。

 

一組目

二人組のお姉さん

二人組のお姉さん

 


お姉さんたち身動き取れないんじゃないですか?今日だいぶ混んでますよね。


奥の方に入って行こうかと思ったんですけど、結構人がすごいからどうしようかなって思って。


行っちゃいましょうよ!


戻ってこれなそう!(笑)


二人はパブスタに出会いを求めて来たの?


出会いもなくはないと思うけど、友達に聞いて普通に飲みに来た感じです。


出会いもアリということで。キレイなお二人ありがとうございました!


はーい。

 

こちらの女性お二人とは少しだけ話してお別れした。キレイで感じのいいお二人だった。今思うとこの女性たちとずっと話していたらよかった。

 

二組目

一人でいるお姉さんがいたので声をかけてみた。

 


お姉さん迷子になっちゃった?友達見失った?


あ、私一人できました。


一人で来たの?え、なんで?


パブリックスタンドのLINEのやつで歌舞伎町2号店オープンするの見て。

 

へー、一人でくる女性もちょいちょいいるんだな。

 


お近くなんですか?


一応東京なんですけど…


一応というと。


鶴川に住んでて。


ああ(笑)。23区の人はまず知らないでしょうね鶴川。

 

鶴川ってのは、東京都町田市にある実質神奈川なんじゃねえの地域のひとつである。「なにがあるの?」と聞かれるとかなり困るが、小田急線で新宿には意外と出やすいのでその点においてはおすすめだ。

この女性とは10分ほどしゃべった。今思うとこの女性とずっと話していたらよかった。

 

三組目

女性と順調にしゃべれたので、今度はお兄ちゃんにも話しかけてみた。

 

左のお兄さんイケメンなのにお顔NGだって!

左のお兄さんイケメンなのにお顔NGだって!

 


今日はお二人?


あ、そうです。


女の子と仲良くなった?


ちょっと話したぐらいです。


それ以上はいけなかったか。となりに女子いるじゃん、声かけてみたら?


いやーいっすよ!


がんばろうよ!

 

彼らもまた、まだガソリン(酒)が足らないのかもしれない。

パブスタのようなスタンディングバーでは少々のためらいが機を逃すということもよくある。早めの行動が吉だぜ。

 


一人なんですか?


そう一人。今日はブログの取材で来てて。


なんのブログですか?


真剣出会いブログというやつで…。


ん?真剣出会いブログ…。

 

スマホで当ブログを見せる。

 


あーこれ知ってますよ!


マジか。サンキュー!


見てます!これですよね?

 

当ブログを見てくれていたお兄さん。

当ブログを見てくれていたお兄さん。

 


参考にさせてもらってます!でもこれ、何のために書いてるんですか?


少子化対策だ。最近は真面目路線の記事もあるしね。


真面目路線て、アイドルバーとかも行ってるじゃないですか。


アイドルバーめっちゃ真面目だから!



じゃあブログのアップを楽しみにしといてくれ!ありがとう!


ありがとうございました~。

 

彼らとも10分ほど話した。

 

パブスタで男一人、声をかけていく(ネガティブ編)

いろいろな人に声をかけていくと、中には塩対応を食らうこともある。2組ご紹介。

 

これぞ塩対応の鏡!あざやかにあしらってくれたお姉さん

女性のみでいる二人組を発見。彼女らのことは先ほどから視界には入っていたが、しばらく男性とは話さず彼女らだけで話していた模様。

だいたいこの「みんなお酒が入って場が円熟してきたころなのにしばらく男性としゃべっていない女性」というのは塩対応という可能性が高い。

それでは声をかけてみよう。

 


えー、ちょっとお話うかがってもいいですか?

aisekibar_kusoonna
結構です。


すいませーん(汗)

 

早い!なんとあざやかな塩対応であろうか。「結構です」の一言ですべてを終わらせる効率の良さ。とりあえず話を合わせる、愛想をふりまく、などの非生産的なやり取りは徹底排除。極めてロジカルで効率性の高い塩対応と言える。社内効率化なども彼女に一任するといいだろう。

 

思わせぶりな女子

いろんな人にお話を聞いたあと、オレはテーブルでドリンクを飲みながら一息ついていた。そのとき、意図せずオレの左隣に女子4人組がいたのだ。

ざっくり言うとこんな感じ↓

 


テーブル

 

オレは左手をテーブルの上に置いていたのだが、そのとき、なんと、いやこれマジで、オレの左隣の女性が手をくっつけてきたのである。

 

 

決してオレからではない。女性のほうからだ。結構密着しており、しかもこの状態で動かさないのである。

 

オレ

 

ポッ、である。

 

ポッ、であるが、それと同時にヤベーんじゃねえかとも思った。ほら、最近セクハラ問題とかうるさいからね!

オレは思わず自分から手をスーッと離した。

 

そして改めて隣の女性に声をかけてみた。

 


今日は友達といらっしゃったんですか?

 

するとどうでしょう。

 

すげえイヤそう

すげえイヤそう

 

 

いやいやいや、どういうことよ。

 

めっちゃ引いてるんだけど!?手のくだりなんだったんですかね?手の神経麻痺してたんでしょうか。

もういちど振り返ってみましょう。

 

 

いやー分からん。たまたま手が当たってしまったんだろう。思わせぶりだなぁ。

でも男性諸君!こんなの日常茶飯事だから、いちいちめげていてはパブスタマスターにはなれないぜ!

 

パブスタ新宿歌舞伎町2号店からは以上です。

 

パブリックスタンド(パブスタ)歌舞伎町2号店まとめ

The Public stand(ザ・パブリックスタンド)歌舞伎町2号店

■住所:東京都新宿区歌舞伎町1-23-15 SUZUYAビル 10F・11F
■TEL 03-3202-2225
■WEBサイト:https://www.public-stand.com/shops/kabukicho-2/

▼パブリックスタンド歌舞伎町2号店のGoogle Mapはここを開く

 

■クーポン

 

パブスタのお客さんたち

可愛いお姉さんたち!左の男性とはパブスタで出会ったとのこと。

可愛いお姉さんたち!左の男性とはパブスタで出会ったとのこと。

 

パブスタでは外国人の方もちょいちょい見かける

パブスタでは外国人の方もちょいちょい見かけるね

 

ちいも一人で奮闘していたようだ

ちいも一人で奮闘していたようだ

 

パブスタ歌舞伎町2号店のスタッフさんたち

ご覧の通り気さくなスタッフさんたち

ご覧の通り気さくなスタッフさんたち

 

おわりに

パブリックスタンドのドリンクカップ

 

パブリックスタンド歌舞伎町2号店は、歌舞伎町1号店と距離がかなり近い。そのためパブスタの特徴でもある「店舗間の行き来自由」というのを最大限活かせるのが歌舞伎町1号店&2号店だ。※店舗の行き来自由はLINE@登録してくれた女性限定で、男性は「ハシゴエントランス1080円」が掛かります。

スタンディングスペース自体は、ハコの大きさや内装の豪華さで歌舞伎町1号店のほうが勝っているかもしれない。両店舗行き来してその目で見てほしい。

そして歌舞伎町2号店のみにあるテラス席「ROOFTOP VIP」。これの優越感はなかなかのもので、男のマウンティングはこれで片が付くと言っていい。給料日後にぜひ利用しよう。

 

パブスタ歌舞伎町1号店の体験レポートも参考にどうぞ。

 1号店体験レポート  スタンディングバー「パブリックスタンド」新宿歌舞伎町店に行ってきた

 

それでは m(. .)m

婚活・恋活・出会い

真剣出会いブログのTwitterをフォロー

フォローしてくれたら嬉しいです。

おすすめランキング記事

2017年に流行るおすすめの恋活アプリをランキングにしました!

-出会いのある店

出会い体験談ブログ

Copyright© 真剣出会いブログ , 2018 All Rights Reserved.